■目に疾患がある時のレーシック

まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

 





医療レーザー脱毛ドットコム
URL:http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛へ


■目に疾患がある時のレーシックブログ:2020/09/18

あたしの実家は親戚が集まることが多く、
夏休みには子どもたちが大勢泊まりに来て
それはにぎやかでした。

そんなときママが必ず作るのがちらし寿司。
人数の調整がきくので便利なメニューです。

寿司めしを作るときは
いつも長女のあたしが呼ばれてママのお手伝い、
扇ぐのが専門です。

お子さんなのであちこち扇いでしまうあたしに、
「もっと力を入れて、下に向かって扇いで!」
とママによく怒られたものです。

ママはおやつづくりが得意で、
秋になると作ってくれたアップルパイの味は忘れられません。

焼きたてのアツアツを
ふぅふぅしながら食べるのが大好きでした。

ママはユニークと言いましょうか…
ひとたびアップルパイを作り始めると
次から次へと夢中になって焼き続け、
焼きあがる度にママに言われて
あたしが近所中に配るのです。

そしてアップルパイと共に日は暮れて、
夕飯のおかずといえば、
いつも焼き魚1品だけという具合でした。

今では秋になると自分でアップルパイを作りますが、
アツアツを食べる度になつかしい味が口いっぱいに広がって、
あの頃の思い出がよみがえります。

夏休みには何といってもアイスキャンディー。
茶筒の中に牛乳、卵の黄身、砂糖と塩を入れて混ぜ、
氷を入れたたらいに沈めて、
9時の10時頃から時々かき混ぜながら待つこと数時間。

みんなたらいの周りで
まだかまだかと楽しみに待っていました。

3:00頃になってようやく出来上がった
1本の茶筒のアイスキャンディーをみんなで分け合って食べるのです。

生クリームが入っているわけでもなく、
今時のアイスキャンディーと比べる余地もありませんが、
当時はおいしくておいしくて、
みんなどれほど楽しみにしていたことでしょうか。


ホーム サイトマップ