■レーシックは妊娠中は避けるべき

インターネットを利用してレーシックで検索をしますと、非常に多くのサイトがヒットし、クリニックの比較サイトなども見つかります。
これらの情報サイトというのはクリニック選びには重要な参考サイトとなりますので是非確認をしてみてください。レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 



■レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2020/05/21

ご飯制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのようなシェイプアップ法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

俺の友達は、
目標体重に向けて
無理なご飯制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は毎日体がだるく、フラフラしている感じがして、
体の調子を崩してしまったそうです。

友達は、
カロリーのことばかり考えて
シェイプアップをしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいにシェイプアップできるように、
ご飯の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端なご飯制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人のご飯というのは、
7時食はコーンフレークだけ、
13時食はヨーグルトくだものと、カロリーメイト、
夜はおかずだけというような食生活でした。

このようなご飯でやり始めて、
7日間で3キロも体重が減少したそうです。

しかし、
7時食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食をお腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理なご飯制限で体重を減らしても、
体を悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。


ホーム サイトマップ