■レーシックは妊娠中は避けるべき

インターネットを利用してレーシックで検索をしますと、非常に多くのサイトがヒットし、クリニックの比較サイトなども見つかります。
これらの情報サイトというのはクリニック選びには重要な参考サイトとなりますので是非確認をしてみてください。レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。

 

レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 



■レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2020/11/19

小さい頃、夏休みや冬休みに田舎に帰ると、
祖父はいつもポッキーというお菓子をくれました。

仕事の関係で家にいない時には、
ポッキーだけが置いてあることもありました。

ぼくは
「なんでいっつもポッキーなんだろう?」
と思いながら食べていました。

前、
友達のお子さんにお菓子を送ってあげることになり、
ぼくは奥さんと一緒に
スーパーのお菓子売り場に行きました。

ずいぶん久しぶりに訪れたお菓子売り場は、
童心をくすぐられる、なかなか魅惑的な場所でした。

で、いざ、そのお子さんに送ってあげるお菓子を選び始めると、
二人とも途方に暮れてしまったのです。

膨大な種類のお菓子があって、
どれを送ってあげたらいいのかがわからないのです。

たまにしか会わないお子さんが好きなお菓子って、
接していない分だけわからないんですよね。

過去の記憶を手繰り寄せながら、
そうしてなんとかかんとか見繕って、
二人して「これで喜んでくれるかな〜?」などと言いつつ
お買い物を済ませたのでした。

そのお菓子の会計を済ませるレジの列に並んでいる時に、
ふと「祖父のポッキー」のことを思い出したのです。

思い出すと同時に、
祖父もがぼく好きなものがわからんかったんだ…
それでも
「これで喜んでくれるかな〜?」って思いながら、
ポッキーを買ってきてくれてたんだ…

あのポッキーは、
祖父の精一杯の愛情表現だったんですね。

積年の疑問が解けると同時に、
あのポッキーがただのお菓子ではないことに気づいたぼくは、
スーパーのレジで並びながら、
ウルッときてしまいました。


ホーム サイトマップ