■あの松坂選手もレーシックを受けました

勘違いされている人が多くいますが、レーシックというのはとっても安全性の高い手術であり、注目されているのです。
さらに視力が悪化してしまったり失明なんてことはほぼありませんので安心してレーシックを受けてください。松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。

 



■あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2020/05/11

食べる事の時間をしっかり確保すれば、
娘はきちんと咀嚼するようになる。

家族揃って食べる事をしているのに、
娘に「早く食べなさい!」と急かしてはいけない!

娘が追い立てられるように食べれば、
そのしわ寄せが咀嚼回数の減少に繋がり、
食べ物を噛まずに飲み込むということをしてくる。

午前中は
集中力が高くなっている時間帯なので、
母親は、
この時間帯に家事の大半を
こなしてしまうのが望ましい。

食べる事は一日3回あっても、
満遍なく時間をかけるのではなく、
夕方食に重点を置くようにしよう。

あさ食や11時食は軽い料理で済まして、
夕方食だけ時間をかけて作れば、
料理をする疲労が蓄積されなくて済むようになる。

また
食べる事中は絶対にテレビを見てはいけない。

食べる事中はテレビを消して、
会話するようにすれば、
意識は食べる事をすることに集中してくるので、
自然と咀嚼回数が増えて、顎がしっかりと発達してくるのである。

自分の娘がどうもバカだと思うなら、
その娘の頭の良し悪しよりも…

実は連日早食いしているからこそ、
顎を発達させることができず、
脳を大きくさせることができないということに
母親は一刻も早く気付くべきである。

堅い物を食べさせて、
咀嚼回数を多くしていけば、顎が発達するのだから、
自然と脳を大きくしていくことができる。

そうなれば娘の知能も
自然と高くなっていくのである。

娘の中には
やたらと食べる事時間の長い娘がいるものだが、
そういう娘は将来非常に有望な娘である。

この手の娘は食べる事の際、
いつも口をモグモグさせているので、
異様なまでに咀嚼回数を多くすることができ、
顎がしっかりと発達し、高い知能を持つことができるようになるのだ。



ホーム サイトマップ