■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
今現在視力が悪くて眼鏡などの補助器具を使用している人は、裸眼で生活が出来ることを想像してみてください。
何かと便利な生活が送れるようになり、素晴らしい世界観を楽しむことが出来るでしょう。それを実現させてくれるのがレーシックなのです。レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。




■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2020/06/26

あれはミーが10歳頃のことだったでしょうか…

ミーの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてミーがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ミーの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ミーはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
親父に訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

親父は時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあミーがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ミーは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
と親父は教えてくれました。

ミーは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そして親父に時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかったお子さんのようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、親父はこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

・・・と、こんな事書いてみる
■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■目に疾患がある時のレーシック
■あの松坂選手もレーシックを受けました
■適性はレーシックの種類によって変わる
■気になるレーシック手術の使用器具
■レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシックとドライアイとの関係
■最も気になるレーシックの治療費用
■自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという注目の視力回復術